チモコジ!

ハイパーなフラットコーテッドとアンニュイな飼い主が綴るスローな生活



長い間チモコジをご覧いただきありがとうございました。
このたび、チモコジは洗いざLIFEに統合しました。
これからもハイパーフラット小次郎の日常をたま~に綴っていきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



長い間チモコジをご覧いただきありがとうございました。
このたび、チモコジは洗いざLIFEに統合しました。
これからもハイパーフラット小次郎の日常をたま~に綴っていきます


さようなら、夏


さようなら、大浜みやこカボチャ

チモコジ!


さようなら、サッポロスイカ

チモコジ!


さようなら、トウモロコシ・・

チモコジ!


今夏は、我が家のいつもの遊び場「キジ広場」の近くで採れる大浜みやこカボチャやサッポロスイカやトウモロコシをたくさん食べました。
いよいよ、夏もおわり・・というか、終わって欲しい。
こんなに不快指数の高い夏は、北海道に来て10年だけど、初めてです。
我が家の換気システムが悪いため、我が家だけが暑いのかも、という説もありますが・・






→Doggy PaddleオリジナルI LOVE SURF Tシャツ/大型犬
→【送料無料】【25%OFF】11,812円でご提供!グリーンドッグ厳選 ラフウェア ビッグエディ フ...


長い間チモコジをご覧いただきありがとうございました。
このたび、チモコジは洗いざLIFEに統合しました。
これからもハイパーフラット小次郎の日常をたま~に綴っていきます


感謝の気持ち












チモコジ!
















たとえば自信をなくしたときとか


泣きたいときとか


またもや気持ちがループにはまってしまったときとか


後悔とか 無念とか 罪悪感とか





もうなんか、そんな雑念全部。





もし家に、ハイテンションでおちゃらけてて明るくて世界は自分を中心に廻ってると思ってるみたいな真っ黒な彼がいてくれなかったら


と思うとゾッとする。


家に帰ったときにお気に入りの靴を齧られてたり、薪を散乱させてたり、隠してあったスポンジを見つけて食べてたり・・していたとしても、やっぱり彼が家にいてくれて良かったと思う。


そんな飼い主でごめんなさい、頼りなくてごめんなさい、とも思うし


ココロからありがとう、とも思う。





どうか、一日でも長く彼と一緒のときを過ごせますように。





とか感傷に浸った明るい雪の降る昼だったけど


なにしろ世界は自分を中心に廻っている彼は飼い主が掃除機をかけているのに「オレは絶対どかないから」と決め込んで寝ていた。





********************



それよりもなによりもキャンプに行きたい!!はやくキャンプに行きたい!!

家族3人、ちっちゃなテントの中で暖かい寝袋にくるまって眠りたい!!






長い間チモコジをご覧いただきありがとうございました。
このたび、チモコジは洗いざLIFEに統合しました。
これからもハイパーフラット小次郎の日常をたま~に綴っていきます


彼の耳事情



彼が外耳炎ぽくなりまして。という記事をいつだったか書いたんですが

その後。



病院でお薬をもらう前に食餌や耳の丁寧な消毒でなんとかしてみようと。

約3週間ほど続けたところで、なんと、完治。

耳垢の色すら、変化してすっかり綺麗な耳になりました。



彼の耳が横にフワって広がるときが一番好きです。

朝起きて一番に会った時とか、お留守番させててやっと会えた時とか限定で見れるフワっとした耳。

もう久しぶり~!みたいな表情の耳。

もう可愛すぎて、写真におさめたいんだけど何しろ一瞬で元の形に戻っちゃうし起床後、帰宅後なんて絶対カメラ持ってないし難しい。でもそんなシークレットな耳だからこそ余計に可愛い~





長い間チモコジをご覧いただきありがとうございました。
このたび、チモコジは洗いざLIFEに統合しました。
これからもハイパーフラット小次郎の日常をたま~に綴っていきます


忙しくたって疲れてたってウマクいかなくたって





いい週末。







日曜日。



3年前くらいにダンナ様に教えてもらってお気に入りになったミュージシャン、KEISONがなんと。



KEISON LIVE in 銭函。



最高にいい時間。小樽ビール飲みながらゆるい雰囲気の中、大好きなミュージシャンの生声を聴く。







余韻に浸る間もなく、月曜日は朝から仕事だったけど、なんと昼で帰宅できることに!



家でオトコ同士まどろんでいたダンナ様とCOZIと一緒に裏山でスノーボード。



リフトじゃなく自分の足で山を登り滑る!



相当ハードだったけど、滑り降りるときの満足感は、リフトでは味わえないはず。



ダンナ様曰く、この一本を大事に滑る、っていう気持ちはフィルムカメラに通じるものがある、と。



イイセリフ言いますね。



フィルムカメラにはまる理由はそこですよね、



この一枚を大事に撮る、と思って撮った我が家の前の坂道↓↓











チモコジ!























COZIは、というとダンナ様が猛スピードで滑り降りるたびにダッシュで追いかけるもんだから



最後は今にも足が止まっちゃいそうな遅さでテケテケ歩いてました。



彼の筋肉がさらに増強しそうでコワい。



これを機に、スノーボード熱が再燃しそう。



ダンナ様みたいに猛スピードで滑り降りながらジャンプとかしてみたい。





そんな週末だったから忙しくたって疲れてたってウマクいかなくたって何だかハッピーな気分。





前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。